www.bagworlds.com

ナビゲーション: トップ > 漢方と漢方薬

漢方と漢方薬

漢方=漢方薬と思われがちですが、実はそうではありません。 東洋医学の治療法のひとつに
漢方薬を用いた治療があり、この他に鍼灸・整体・気功・薬膳・養生などを含んだ広い意味で
使われます。

西洋医学はからだを臓器ごとに細かく分けて考えるため、薬も特定の病気や症状に効くように作られています。そのため、急性病には非常に速い効果が出ます。バイアグラの効果が強い理由もそのためです。

一方、四千年前からある東洋医学は「病気を治すのではなく、病人を治す」と考えます。 漢方薬は生薬
(しょうやく)とよばれる植物や動物、鉱物などを2種類以上組み合わされて作られたものを指し、
その中で精力回復によいとされているのが スッポン、マムシ、マカ、ニンニク、オットセイ、サソリ、高麗人参(朝鮮人参)、亜鉛などです。

漢方には気(き)、血(けつ)、水(すい)の3つを正す考え方が用いられています。

神経に作用して精神を安定させ気分障害をなくしたり
血液の循環を良くして臓器機能などを向上させたり
水分不足や水分過多をなくしたり
体内の毒素や、余分な水分(むくみ)を排泄させたり

これらの作用により、体の本来の機能を回復させ、体の様々な不具合を治していくというものが漢方療法です。
材料や治療の考え方は大昔に中国から伝わってきましたが、必要な材料を加工して錠剤やドリンク状にした「漢方サプリ」は日本独自のものだと言われているのです。

様々な種類が販売されているので、選ぶ際には精力剤について書かれているレビューが参考になりますね