www.bagworlds.com

ナビゲーション: トップ > 亜鉛が引き起こす症状

亜鉛が引き起こす症状

亜鉛不足は以下のような症状を引き起こします。


精子欠乏、勃起不全
肌の乾燥やシミ、シワ
枝毛の原因になる。
爪の異常
抗酸化力の低下
キズの治りが遅い
免疫力低下
味覚障害
胎児の成長不全
精神的障害
脱毛、薄毛、髪の毛が細くなる

このページで全てをかいつまんで解説することは出来ませんが、
まとめて考えると、
「細胞のターンオーバー機能が働かなくなる」
といった感じでしょうか。

特に、亜鉛はミネラルの一種でもありますので、
しわ、シミなど肌の異常は真っ先に見られることでしょう。
髪の毛を生成するたんぱく質を作る役目もありますから、
亜鉛不足は髪の毛の質を低下させることにも繋がります。

また、最低限満ちていなければならない成分なので、
それが不足してしまうと、免疫力が低下してしまいます。

更に、亜鉛は舌の細胞の生まれ変わりにも必要な為、
亜鉛不足が長期間続くと、味覚障害が発生してしまいます。

このように、亜鉛は確かに人間の身体に必要な成分です。

しかし、現代社会の食生活は、亜鉛を十分に摂れているとは言えません。
インスタントが主流で、自然の食材を活かしていない食生活は、
うっすらとした亜鉛不足を引き起こし、
その亜鉛不足が健康を害する症状を引き起こします。